スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録はじめます

2009年12月06日 08:32

はじめまして、ひとしおです。

私は現在、都内の東証一部上場企業のIR担当者をやると共に、
仕事が終わったらビジネススクールでファイナンス理論、会計、会社法、経済学等を学んでいます。
普段IRをやっていて感じるのが、IRという職業は"超"アカデミックで知的職業であるにもかかわらず、
日本においては平社員レベルの担当者がドキュメンテーションを
カラフルに作って終わり・・・とうのを見かけます。
(IRは単なる決算説明会のディレクションと説明資料の作成が業務と考えられている)

確かに日本においては、その企業のIRが稚拙でも株主訴訟には無縁で、
経営者としても「放っておけるものなら放っておきたい」という分野に見られています。


しかし、それは違う!


IRは、担当者の裁量によって「全社で苦労して生み出したキャッシュフロー」を
割り引く際の割引率(資本コスト)をコントロールすることで
企業価値を変化させることができる、大変重要な業務なのです。

このブログでは、私がIRに関して学んでいることを書き留め、
自分の業務の糧にする一方、IRの業務上で悩んでいる担当者の方が覗いていただき、
その悩みの解消になってもらえればと思い、開設いたしました。


更新は不定期です。できるだけ1週間に1回以上は更新したいと思います
。 ご興味がございます方は、ご購読いただければと思います。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。