スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激突!「朝食不要論」vs「朝食必要論」

2010年01月17日 06:40

すごく古い他人様の記事で恐縮ですが、こんなのを見ました。

『ますます確信した、朝食不要論』

なぜこんな記事を読んだかというと、自分も朝食は不要だと感じているからだ。

【朝食が必要ない理由】

それは、 現代人にとって「3食」は食べすぎ・カロリーオーバー だからである。

昔は日の出と共に起きてから畑を耕し始めるような生活をしていたから、
昼食の前に朝食をとる必要があった。2食では必要カロリーを補えないのである。
しかし現代人は、移動は電車、デスクワーク、家に帰ってもゴロゴロ・・・。
これでは3食はオーバーイートである。

個人的な感想では、私ぐらい(身長174cm、32歳、オフィスワークがメイン)であるなら、
必要カロリーは1,500kcal~1,800kcalである。これ以上食べると太る。
このカロリーに抑えるためには、3食食べると、1食が粗食になる。
このご時勢、おいしいものは食べたい!!

また、こんな本も出ています。
生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く! (新潮新書 (015))

生活習慣病に克つ新常識―まずは朝食を抜く! (新潮新書 (015))

  • 作者: 小山内 博
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 新書



朝食が必要と唱える人は、大概こう言う。
「起きた後は体内のブドウ糖が少ないため、脳に栄養がいかず、朝頭が回らなくなる」

これに対しては対処法がある。
簡単である、『砂糖』を取ればいいのである。
すなわち、砂糖入りのコーヒーやチョコレートを摂ればいいのである。
必要なその他のカロリーは、昼と夜にたっぷり摂るのである。
なにも、盛りだくさん朝に食べなくていいのである。

「朝食にごはんを」とか「パンを」とか「シリアルを」といっていたら、それはセールストークと認識すべきである。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tossysenglish.blog111.fc2.com/tb.php/17-86c15d36
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。