スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語教材は自分の実力より○○を選ぶ

2011年01月25日 22:23

今まで、本当に数多くの英語学習書やWEBサイトを見てきた自分だから言える、
おまとめ記事です。
ズバリ、このようになります。

・リスニングは、自分の実力よりちょっと上を
・英単語は、自分の実力と丁度いいものを
・音読は、自分の実力より簡単なものを


確かに、インプットよりアウトプットの方が簡単でないとおかしいですよね・・・。

皆さんの勉強にも役立ててもらえばと思います。

BS「おはよう世界」

2011年01月24日 00:03

BS NHKで、「おはよう世界」というニュース番組がある。
言うまでもなく、地上波の「おはよう日本」のパクリであるが、
世界のニュースを放送してくれるらしい。

「らしい」というのも、我が家にはBSアンテナがないため、
ラテ欄でしか確認していないのだが。

その番組のすごいところは、2カ国語放送というところである。
ということは、毎朝英語でニュースが見れるということである。

贅沢を言うならば全て日本のニュースだと助かるのだが、
そうは行かないらしい。



BSを見れるようにすべく、明日ヨドバシカメラにでも行ってみよう・・・。

完全マップ"Stage1"で使用する教材

2011年01月23日 23:55

今日は、英語上達完全マップ"Stage1"で使用する教材について書きたいと思います。

英語上達完全マップは、Stage1からStage4までの4つのStageが用意されています。
詳細は、本家サイトをご覧ください。

Stage1をクリアした時点で、TOEIC 500点台半ば~600点台半ば
Stage2をクリアした時点で、TOEIC 700点台
Stage3をクリアした時点で、TOEIC 700点台後半~800点台半ば
Stage4をクリアした時点で、TOEIC 900点前後

というように、TOEICのおよその目安もあります。
むしろ、上記の点数が取れれば、そのステージがクリアということになり、
新たな勉強方法に切り替えるということになります。

もちろんtossyはStage1からはじめるのですが、使用する教材はオーソドックスに行きたいと思います。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK)
(2009/11/20)
森沢 洋介

商品詳細を見る

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
(2006/10)
森沢 洋介

商品詳細を見る

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる
(2010/08/12)
松澤喜好

商品詳細を見る

フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)フォニックス“発音”トレーニングBook (アスカカルチャー)
(2005/02)
ジュミック今井

商品詳細を見る


以上4点です。

実は発音系は英語上達完全マップには載っていないのですが、
ほとんどのマップ実践者(通称:マッパー)は発音学習を取り入れています。

英語耳はだいぶ昔に購入したもので、当時に一通りは勉強しましたが、やはりもう忘れています。
これは思い出すレベルで早めに切り上げ、早々にフォニックスに移り、発音を固めたいと思います。

音読はやはりマップ創案者の森沢先生が書いた「みるみる音読パッケージ」。
ちょっとハードル高いかとも思ったけど、これで行きたいと思います。

瞬間英作文は、こちらも森沢先生の「どんどん」を使用します。

上記4テキストを、約300時間勉強します。

なぜ300時間か。

マップを完成させるためには、約1500時間の学習時間が必要です。
これを4つのステージで分けた場合、1つのステージで約400時間時間の学習時間が必要なことがわかります
。しかし、どうしても基礎学習のほうが成果が出づらく、長時間化してしまうため、
これは全くの自分のオリジナルですが、

Stage1 ⇒ 学習時間:550時間 500点台半ば~600点台半ば
Stage2 ⇒ 学習時間:400時間 700点台
Stage3 ⇒ 学習時間:300時間 700点台後半~800点台半ば
Stage4 ⇒ 学習時間:250時間 TOEIC 900点前後

と定めることとしました。

本日は少し長くなりましたので、この辺にしたいと思います。

とうとう「英語上達完全マップ」をはじめる

2011年01月22日 23:51

きっかけはこの本。

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
(2010/09/15)
Hiroyuki Hal Shibata

商品詳細を見る


この本はバイブルである。
社会人が英語を勉強する時に本当に役に立つ情報を載せた一冊である。

この本ではメインの英語学習法として「英語上達完全マップ」を推奨している。

もちろんこの本を読む以前に、英語上達完全マップの存在は知っていた。
しかし、その膨大な学習量から現実逃避しており、
「もっと他に時間のかからない、簡単に英語を勉強できる方法がないか」
と、色々渡り歩いていた。

しかし、そんなものはなかった。

もう堪忍した。
英語上達完全マップを実践することにした。

色々賛否両論あると思うが、とりあえずはじめ、
色々思った事をこのブログで書いていきたい。

ロゼッタストーンで娘をバイリンガルにさせられるか?

2011年01月22日 21:27

という実験をやってみたい。

ロゼッタストーンとは、言わずと知れた英語教材(正確には外国語教材)である。
娘はこの春から小学校に上がるのがだが、
できるだけ早いうちに英語で意思疎通を取れるようにしてやりたいと思っている。

同社のHP上では、子どもが実際に学習している動画もあり、
唯一ロゼッタなら子どもでもできそうな気がする。

しかし、ハードルは価格!
レベル1(一番簡単)だけでも23,800円。
当面はこれだけでいいとしても、やはり高い。

一昔前なら英会話教室と価格比較していたからやすいかもしれないが、
今はオンライン英会話や無料の英語学習ツールが氾濫しており、
かなり高く感じてしまう。

ここをどうクリアするかが問題だ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。